ドイツワインバーゆううん赤坂 伊藤寛康&斎藤タカヤのスペシャルライブ

伊藤寛康&斎藤タカヤ
     ホームドイツワインバーゆううん赤坂-Yuun Special Night 伊藤寛康&斎藤タカヤのスペシャルライブ-
コンセプト グラスワイン ドリンク ディナーメニュー ランチメニュー コースメニュー イベント デザート

日本が誇るラテンバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」の元ベーシストと現ピアニストであり、
ラテン音楽のみならず様々な分野で活躍中のお二人がゆううんでスペシャルライブを展開。
ソロや色々なアーティストとのDuoなど、今後のイベントにご期待ください!

斎藤タカヤ プロフィール 伊藤寛康 プロフィール
斎藤タカヤ 伊藤寛康
  5歳よりピアノを弾き始め、クラシックピアノのレッスンを経て学生時代にはジャズやラテン音楽の世界へ。
大学卒業後プロとしてのキャリアをスタートし、様々なバンドやセッション/レコーディングに参加。2001年、日本のラテン音楽界最高峰に位置するキューバンコンテンポラリーサルサバンド「Grupo Chévere」にキーボーディストとして加入。その他、劇団四季のミュージカル「ライオンキング」のオーケストラにキーボード奏者として参加し、2006年には村上”ボンタ”秀一(ds)の率いるバンドに参加するなど、ラテン音楽のスペシャリストとしてだけでなく、幅広いジャンルのピアノのプレイスタイルを確立。 2007年には、日本を代表するサルサバンドとして世界的に知られる「Orquesta de La Luz」にピアニスト/コーラスとして加入。演奏のみならず、編曲やレコーディングにおけるリミックスなども担当。
その他、ベース伊藤寛康とのduoユニット「projectduo」や国内著名アーティストとのライブ共演やレコーディング、ソロピアノ、TV・ラジオ番組出演など、音楽家として幅広い分野での活動を展開している。

(主な共演者:井上陽水、Puffy、山崎まさよし、SMAP、TUBE、松任谷由実、宮沢和史、キマグレン、大黒摩季、南佳孝、太田裕美、中島啓江、小椋佳、未唯mie、TOKU、Sheila、タモリ… 等々)

斎藤タカヤ Official Website:takayasaito.com
  日本大学経済学部卒業後、プロ活動を始める。 91年ミュージカル「下町のショーガール」(主演/木の実ナナ)でバンドリーダーをつとめ、以後94年まで「木の実ナナバンド」のバンドリーダー、ベーシストとしてアレンジ及び演奏を担当する。94年から04年まで「Orquesta de La Luz」に在籍し、北米、中南米、ヨーロッパツアーに参加、同年、国連平和賞受賞。95年、グラミー賞にノミネートされる。同年「サンタナ」と共演。96、97年にはブエナビスタ・ソシアルクラブのトップボーカリスト「オマーラ・ポルトゥオンド」のジャパンツアーの として日本各地でコンサートを行う。 現在は、ピアニストの斎藤タカヤとのデュオユニット「Project Duo」「Mambo Inn」「平松加奈(Violin)Special Project」「大渕博光(Vo)」などのレギュラーベーシストとして活動している。 またセッションプレーヤーとして、ジャズ、サルサ、ポップスなどノンジャンルに活動している。 作曲家・アレンジャーとしてもOrquesta de La Luz、木の実ナナ、COBA、はじめ多くのアーティストに楽曲を提供している。 その他イベントやCDプロデュース、ラジオ番組のパーソナリティなど多岐に渡って活動中。

(主な共演者:サンタナ、coba、山崎まさよし、宮沢和史、沢田研二、西田ひかる、大竹しのぶ、中島啓江、神保彰、夏木まり、木の実ナナ、…等々)

伊藤寛康 Official Website:itohiroyasu.com

予約はコチラ
 

 

■Hiroyasu Ito Produce Yuun Special - Contemporary Jazz Night - ■

【ご予約で満席となりました】
コンテンポラリージャズナイト!
北海道を中心に活躍する若手サックスプレーヤー村川佳宏が、日本を代表するラテンジャズ界の猛者たちと繰り広げる「ガチバトル」。奇跡の科学反応をその目と耳で感じてください!



【村川佳宏 Murakawa Yoshihiro】(Saxophone,Flute)
北海道札幌市出身。両親共に吹奏楽団員の家庭に育ち、幼少時よりクラシックピアノを始める。北海道大学ジャズ研究会に入部しアルトサックスを始める。同大学工科大学院卒業後、市内音楽フィールドにて定期的に活動を続け、札幌を代表するラテンピアニスト 市川芳弘(pf)との出会いによりラテン音楽に染まる。
Luis Valle(tp)、森村献(pf)、高橋ゲタ夫(b)、Masayo(Vo)、都築章浩(per)、伊藤寛康(b)、藤井摂(ds)、奥山勝(pf)、小泉哲夫(b)、 坂上領(fl)、扇谷研人(pf)、板橋文夫(pf)、小山彰太(ds)らと共演、親交を深める。日本が世界に誇るサブカルチャーにも精通し、札幌発の同人音楽サークル「IOSYS OS」ARM氏と交流の下、アニメ・ゲーム・同人音楽作品への録音参加等も積極的に行っている。 サッポロシティジャズ・高槻ジャズストリート等、国内のジャズフェティバルにも積極的に参加。
2010年、Sapporo City Jazz Park Jazz Live Contest 2010 にて自身のバンド「村川佳宏Quartett」でファイナリスト選出。
2013年、Sapporo City Jazz Park Jazz Live Contest 2013にて「村川佳宏Quartett」でグランプリを獲得。2014年、カナダToronto Jazz Festivalへ出演。海外でのライブ公演を盛況の内に収める。Classical,Rock,Jazz,Latinを始めとして多方面のジャンルの音楽を好み、自身のバンドではジャンルにとらわれない選曲、ライブを目指す。オリジナル曲は「誰が聞いてもまっすぐ心に応える曲」を意識して作曲、演奏を心掛けている。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンサックス、フルート、クラリネットまで演奏の幅を伸ばし、マルチリード奏者への道を進行中。

【斎藤タカヤ Saito Takaya】(Piano)
5歳よりピアノを弾き始め、クラシックピアノのレッスンを経て学生時代にはジャズやラテン音楽の世界へ。 大学卒業後プロとしてのキャリアをスタートし、様々なバンドやセッション/レコーディングに参加。2001年、日本のラテン 音楽界最高峰に位置するキューバンコンテンポラリーサルサバンド「Grupo Che´vere」にキーボーディストとして加入。その 他、劇団四季のミュージカル「ライオンキング」のオーケストラにキーボード奏者として参加し、2006年には村上"ボンタ" 秀一(ds)の率いるバンドに参加するなど、ラテン音楽のスペシャリストとしてだけでなく、幅広いジャンルのピアノのプレイ スタイルを確立。 2007年には、日本を代表するサルサバンドとして世界的に知られる「Orquesta de La Luz」にピアニスト/コーラスとして 加入。演奏のみならず、編曲やレコーディングにおけるリミックスなども担当。 その他、ベース伊藤寛康とのduoユニット「projectduo」や国内著名アーティストとのライブ共演やレコーディング、ソロピアノ、 TV・ラジオ番組出演など、音楽家として幅広い分野での活動を展開している。

【伊藤寛康 Hiroyasu Ito】(Bass)
日本大学経済学部卒業後、プロ活動を始める。 91年ミュージカル「下町のショーガール」(主演/木の実ナナ)でバンドリーダーをつとめ、以後94年まで「木の実ナナバンド」のバンドリーダー、ベーシストとしてアレンジ及び演奏を担当する。94年から04年まで「オルケスタ・デ・ラ・ルス」に在籍し、北米、中南米、ヨーロッパツアーに参加、同年、国連平和賞受賞。95年、グラミー賞にノミネートされる。同年「サンタナ」と共演。96、97年にはブエナビスタ・ソシアルクラブのトップボーカリスト「オマーラ・ポルトゥオンド」のジャパンツアーのメンバーとして日本各地でコンサートを行う。現在は、ピアニストの斎藤タカヤとのデュオユニット「Project Duo」「Mambo Inn」「平松加奈(Violin)Special Project」「大渕博光(Vo)」などのレギュラーベーシストとして活動している。またセッションプレーヤーとして、ジャズ、サルサ、ポップスなどノンジャンルに活動している。作曲家・アレンジャーとしてもオルケスタ・デ・ラ・ルス、木の実ナナ、COBA、はじめ多くのアーティストに楽曲を提供している。その他イベントやCDプロデュース、ラジオ番組のパーソナリティなど多岐に渡って活動中。

【佐藤由  Sato Yu】(Drums & Percussion)
幼少の頃からピアノを習い始め、音楽会で聞いた一発のシンバルの音で打楽器に目覚めるその後、本格的に学ぶためリズム教育研究所に入学。同校にてドラムやラテンパーカッションを含む打楽器全般を学ぶ。在学中よりプロ活動を開始。アーティストのレコーディングやコンサートツアー、TVやラジオへの出演多数。 ジャニーズJr.やAKBグループへの打楽器指導も行う。
2014年にはカリビアンミュージックの理解を深めるためトリニダード&トバゴ共和国に赴き、現地で開催される世界最大のスチールパンの祭典「PANORAMA」にドラマーとして出演
YAMAHAの世界に1台しかない球体式ドラム「RAIJIN」デモンストレーターYAMAHAドラム、エンドーサーZildjianシンバル、エンドーサー
日本が世界に誇るサルサバンド、「オルケスタ・デ・ラ・ルス」メンバー
パーカッションエンターテイメントグループ、「ファンカッション」メンバー
そして2017年より自身のリーダープロジェクト「佐藤由 Island Project 」を始動


場所:ドイツワインバーゆううん赤坂
オープン:17:30〜22:00(L.O 21:00)

日時:2019年9月28日(土曜日)要予約
19:00 Start 2ステージ、入れ替えなし

ミュージックチャージ料:3,500円(アミューズ代込み)+Foods & Drinks order

※ご来店のお時間は17時30分から18時15分の間で承っております。


[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバーゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com


予約はコチラ
 

■Yuun Special Live■

<Mambo Inn> 〜 スティーブ・サックス、ジョナサン・カッツ、伊藤寛康、佐藤英樹、鈴木喜鏤〜

Mambo Inn(マンボ・イン) キューバで生まれニューヨークで育まれたラテン音楽は、この半世紀の間に「マンボ」「アフロキューバンジャズ」「サルサ」とその時代の要請に応じて様々な形に変化してきた。その後ラテン音楽は国境を越え、いまや世界中に広まり、多くのファンを獲得するまでに成長した。マンボの生みの親と言われるペレスプラードと同じ時代に、双璧の一端を担ったもう一人のマンボキング、ティト・プエンテ。その彼のバンドでサックスを担当していたスティーブ・サックスが満を持して結成したラテン・ジャズ・ユニット、それが「マンボ・イン」である。アフロキューバン全盛時代の生の空気を肌で感じているスティーブが、この日本から世界に向けて発信する極上のラテンジャズユニットである。スティーブが彼のバンドメンバーとして招集したのは、レイブラウン、ケニーバレルバンドなどジャズ界の名だたるバンドを歴任したピアニスト、ジョナサン・カッツと元オルケスタ・デ・ラ・ルスのベーシストとして世界をツアーし、グラミー賞ノミネート、サンタナとの共演を果たすなど今やジャズ、ラテン界のみならず、フラメンコ、ポップス界からも注目を集めるベーシスト伊藤寛康、そしてパーカッションにはオルケスタ・デル・ソルのメンバーであり、グラミー賞受賞歌手、キューバのオマーラ・ポルトゥオンドの日本公演メンバーとしても活躍した佐藤英樹と現オルケスタ・デ・ラ・ルスのメンバーとして長年バンドを支えて来た鈴木義樓といった納得の顔ぶれである。現在「Mambo Around The World」「Five Brothers」 の2タイトルのCDをリリースしている。ラテン・ジャズ・スタンダードに加えて、世界の名曲をラテン・ジャズにアレンジしてお届けするが、その斬新でアカデミックなアレンジは各プレーヤーの経験値の高さを伺わせる。高い音楽性と技術力、表現力に裏打ちされた極上の演奏をお楽しみいただきたい。 「素晴らしいメンバー、気持ちのいいグルーヴ、ラテンジャズに対する深い愛が随所に感じられます。」カルロス菅野(熱帯Jazz楽団リーダー・パーカッショニスト)




【プロフィール】
< スティーブ・サックス(サックス、フルート)>
サックス&フルート・プレーヤー、アレンジャー、またハーバード大卒音楽理論学者であるスティーブ・サックスは、ジャンルの壁を乗り越えるジャズを通して希望と平安を与える。1953年アメリカ・ワシントンD.C.生まれ,シカゴ、コネチカット州育ち。7歳からピアノ、13歳からサックスを習う。パリ滞在2年、20年に及んでニューヨークのジャズシーンで活躍して来た。5ヶ国語が流暢。1991年ニューヨークのリディーマー教会にてクリスチャンになり、現在、グレース・シティー・チャーチ東京の会員。1996年11月、知子と結婚。CDやLP100枚以上に参加。また、スティーブ自身がリードするニューヨーク・ベースのブラジリアン・ジャズグループ「トリロジア」と「ガナバラ」で4枚のアルバム。初めてのソロCDである「First Dream : 初夢」に加えて、「Look To The Sky」と「Christmas Presence」は現在発売中

< ジョナサン・カッツ(ピアノ、鍵盤ハーモニカ)>
ニューヨーク州ロングアイランド出身。 イェール大学とイ−ストマン音楽学校大学院で音楽を幅広く学び、上智大学留学後、東京を拠点にする。レイ・ブラウン、ケニー・バレル等ジャズの巨匠らと共演。またボブ佐久間氏等の指揮のもとで、N響、東京フィル等日本の各メジャーオケのポップスピアニストを務め五木ひろしのオケ版コンサート・CD録音にも参加。テレビ朝日「題名のない音楽会」やBSフジ「人生音楽劇場」、に出演するなど幅広いジャンルで活動。2008年に東京のトップミュージシャンからなる19人編成の「TOKYO BIG BAND」を設立し日本の民謡/唱歌のジャズ編曲など50曲以上を提供し、2018年11月に1stアルバムを発表。2015年から国立音楽院の非常勤講師を務め、ジャズピアノ、作編曲、インプロビゼーション、コンボ、そしてビッグバンド授業を担当。スインギーかつ詩的な響きが感じられ、ときにはユーモア感の出るサウンドでリスナーを魅了している。

< 伊藤寛康(ベース)>
日本大学経済学部卒業後、プロ活動を始める。 91年ミュージカル「下町のショーガール」(主演/木の実ナナ)でバンドリーダーをつとめ、以後94年まで「木の実ナナバンド」のバンドリーダー、ベーシストとしてアレンジ及び演奏を担当する。94年から04年まで「オルケスタ・デ・ラ・ルス」に在籍し、北米、中南米、ヨーロッパツアーに参加、同年、国連平和賞受賞。95年、グラミー賞にノミネートされる。同年「サンタナ」と共演。96、97年にはブエナビスタ・ソシアルクラブのトップボーカリスト「オマーラ・ポルトゥオンド」のジャパンツアーのメンバーとして日本各地でコンサートを行う。現在は、ピアニストの斎藤タカヤとのデュオユニット「Project Duo」「Mambo Inn」「平松加奈(Violin)Special Project」「大渕博光(Vo)」などのレギュラーベーシストとして活動している。またセッションプレーヤーとして、ジャズ、サルサ、ポップスなどノンジャンルに活動している。作曲家・アレンジャーとしてもオルケスタ・デ・ラ・ルス、木の実ナナ、COBA、はじめ多くのアーティストに楽曲を提供している。その他イベントやCDプロデュース、ラジオ番組のパーソナリティなど多岐に渡って活動中。

< 佐藤英樹(コンガ)>
学生時代よりパーカッショニストとして活動を開始。 過去数度、キューバやニューヨークにわたりラテンパーカッションの習得に努める。 '90年 日本の老舗サルサオーケストラ、オルケスタ・デル・ソルに メンバーとして参加し、以後、本格的にプロとして活動を開始する。 ラテン野郎、ノラ、木の実ナナ、平松愛理、ディアマンテス、マリンバ・トロピカーナ他様々なユニットで レコーディングやツアーサポートを勤める。 '94年、'95年、'96年 よしろう広石&東京サルサボールでアメリカツアーに参加。 '97年、'98年にはグラミー賞受賞歌手、キューバのオマーラ・ポルトゥオンドの日本公演の演奏を勤める。 '06年 カンツォーネ・ナポリターナのトップ・シンガーのマリオ・マリォーネの日本公演の演奏を勤める。 '09年 キューバのグラミー賞受賞歌手、ユムリ・バジェの演奏を勤める。 '11年 NYのブーガルーを牽引してきたKING OF SOUL LATIN こと ジョー・バターンの日本公演の演奏を勤める。 '11年 キューバの人間国宝といえる オマーラ・ポルトゥオンドの演奏を よしろう広石コンサートにて勤める。今日現在 バンドのメンバーとしてオルケスタ・デル・ソル、 グルーポ・チェベレ、有馬徹ノーチェ・クバーナ、 ジミー東原オールスターズ その他様々なセッションなどで国内外で活動中。 ラテン、ジャズ、ポップス、カンツォーネ、シャンソン、ソシアルダンスから 演劇の演奏に至るまで、幅広いジャンルのフィールドで活躍している。

< 鈴木 喜鏤(ティンパレス)>
高校時代、ブラスバンド部への入部をきっかけにドラムを叩きはじめ、ジャズ・フュージョンに傾倒。その後、ラテンパーカッションにも興味を持ち、様々なバンドでの演奏経験を積み重ねる。公務員として働きながら演奏活動を続け、ラテン、R&B、ジャズ、ロック,ポップスと音楽の幅を広げる。90年より本格的にプロとしてのキャリアをスタート。91年オルケスタ・デ・ラ・ルスに加入し、世界23カ国以上でのライブツアーに出演。カルロス・サンタナをはじめとする数多くのトッププレーヤーとの共演を果たす。国連平和賞,米国グラミー賞ノミネート,日本レコード大賞特別賞 等を受賞。97年に解散するも、2003年チャリティーコンサートをきっかけに再結成し、国内・海外問わず精力的に活動を続けている。現在、オルケスタ・デ・ラ・ルス、Mambo Inn(Latin Jazz)、サルサ5(ラテン アカペラ グループ) などのバンド活動のほか、ジャンルを問わず様々なアーティストのサポート、スタジオレコーディング、音楽講師等の活動を行っている。



場所:ドイツワインバーゆううん赤坂
オープン:16:30〜21:00 
(通常の土曜日の営業時間より1時間早いスタート)

※ご予約は16時30分〜17時15分の間で承っております。

日時:2019年10月26日(土曜日)要予約
18:00 Start  2ステージ 入れ替えなし

ミュージックチャージ:4,000円(アミューズ代込み)+Foods & Drinks order



[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバーゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com
予約はコチラ
  ■Yuun APJ Night Vol.3■

「Project Duo with 大渕博光&橋本容昌」〜伊藤寛康、斎藤タカヤ、大渕博光、橋本容昌〜

サルサ、ジャズ、ファンクからフラメンコまで自在に操るハイブリッドデュオユニット「Project Duo 」とフラメンコカンテでシンガーソングライターとしても活躍する大渕博光がタッグを組みお届けする、APJ(アダルト・ポップ・ジャズ)の世界。
今回はレコーディングメンバーでもある橋本容昌(per)を加え、さらなに深みのあるサウンドと「化学反応」をお楽しみいただきます!


【大渕博光】
全国的に活躍する、数少ない日本人男性カンタオール。オリジナリティーのある歌い口と、様々なジャンルの音楽に精通した創造性の高いアプローチで、他とは一線を画す存在感を放っている。 またシンガーソングライター、ボイスパフォーマーとしての活動も活発で、楽曲提供、映画•CM、有名アーティストとの共演の他、2005年にはキングレコードからソロアルバムをリリース。現在までに3枚のリーダーアルバムを発売するほか多数のアルバムの参加している。 現在は、ピアノフラメンコユニット「LS3」(ピアノ・斎藤タカヤ、ダンス・やのちえみ)、スパニッシュ・ラテンミクスチャーユニット「Sociedad Secreta」(ベース・澁谷和利、パーカッション・伊波淑)を率いて、精力的にライブ活動を続けている。


【容昌ーようすけー】
米、バークリー音楽大学卒業。在学中「Outstanding Percussionist Award」を受賞。 帰国後フラメンコでの活動を始め、以後アントニオ・カナーレスやマノロ・マリンら数多くの著名なアーティストと共演。 またスペイン、セビージャ市にて、"Veranillos Flamencos del Alamillo 2017" に、ピアニスト リカルド・ミーニョと共に出演し、フラメンコ・アートに対する感謝状を贈られる。 現在は清春、サラ・オレイン、井上あずみ、スパリゾートハワイアンズCMなどのレコーディング。 劇団四季公演のアレンジ、指導。 フラメンコギタリスト沖仁ツアー参加など、日本で数少ないフラメンコ・パーカッション奏者として様々な舞台で活動中。


場所:ドイツワインバーゆううん赤坂
オープン:17:30〜22:00(L.O 21:00)

日時:2019年11月16日(土曜日)
要予約
19:00 Start 2ステージ、入れ替えなし

ミュージックチャージ料:3,500円(アミューズ代込み)+Foods & Drinks order

※ご来店のお時間は17時30分から18時15分の間で承っております。

[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバーゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com

ドイツワインバーゆううん赤坂


≪Shop Information≫

ドイツワインバーゆううん赤坂

【火〜金】
Lunch11:30-14:00
(フードL.O. 13:30)
【月〜金】
Dinner18:00-23:30
(フードL.O. 22:30)

【土曜日】
Dinner 17:30-22:00
(フードL.O 21:00)

●〒107-0052
東京都港区赤坂4-2-2
赤坂鳳月堂本店ビル5階
●最寄駅・赤坂見附駅 10番出口
(丸の内線・銀座線)徒歩2分
・赤坂駅 (千代田線)徒歩5分
・永田町駅
(半蔵門線・南北線・有楽町線)
          徒歩5分

●mail:akasaka@yu-un.com

酒類の未成年者への販売は行っておりません。未成年者の飲酒は法律で固く禁じられております。

お問合せ当サイトについてプライバシーポリシーサイトマップSpielen Wolke について特定商取引法に基づく表示
Spielen Wolke. ALL RIGHTS RESERVED