_

 

ドイツワインバーゆううん赤坂 蔵出し直輸入のドイツワイン専門のワインバー

イベント情報
     ホームドイツワインバーゆううん赤坂 ⇒ -イベント情報-
コンセプト グラスワイン ドリンク ディナーメニュー コースメニュー デザート
スペシャルイベント関根彰良プロデュース
ドイツワインバーゆううん赤坂  過去のその他イベント





★Yuun Jazz Live
土濃塚隆一郎(フリューゲルホルン) & ヤマザキタケル(ピアノ)

日曜日のゆううんジャズライブ!今回は暖かい音色とパワフルな演奏でゆううんでも人気のフリューゲルホルン奏者「土濃塚隆一郎」さんと、初登場のピアニスト「ヤマザキタケル」さんのデュオをお送りいたします。 素敵な音楽とワインで日曜日のディナーをお楽しみください。


19:00 Start 2ステージ、入れ替えなし



■【土濃塚隆一郎(Ryuichiro TONOZUKA)】(フリューゲルホルン)
3歳からピアノを習い始める。 中学在学中にブラスバンド部でトランペットを始め、高等学校時代にジャズを聴き始める。 大学在学中にジャズに開眼、大学在学中よりプロトランペッターとして演奏活動を始める。 1997年に、トランペットからフリューゲルホルンに転向する。丸く温かい音色とパワフルなサウンドを持ち味とし、現在都内を中心に演奏活動中。またTVやラジオのゲストとしても多数出演。各種イベントにも出演。 また新聞、専門誌にも取り上げられる。2008年8月に4枚目となるニューアルバム『TOP GEAR』をリリース。 現在まで、テイラー(Taylar)、カンスタル(Kunstal)、ストンビ(Stomvi)等 の楽器開発に携わる。同様にマウスピースの開発にも多数携わる。 演奏活動以外にも楽器とマウスピースの研究にも力を注いできた経験を生かし 後継者の育成にも力を注いでいる。 (現在、東京都内、秋田、名古屋、仙台等で音楽指導を開催)

■【ヤマザキタケル(Takeru Yamazaki)】(ピアノ)
Ben Foldsに憧れてピアノを始め、学生の頃から演奏活動を開始する。福森道華氏、あびる竜太氏に師事。 2007年にBerklee college of musicに留学しボストン内外で演奏する。卒業後はDavid Fiuczynski氏のPlanet Micro Jamに参加する等、北米で様々なライブやレコーディングを行う。 2010年に帰国後、ジャズだけに限らず、ポップス、タップダンス、演劇等の様々な場所で演奏を行う。 才からピアノを始める。 15才の時に難病を患い、リハビリも兼ねギターに転向。プロを決意する。 音楽専門学校卒業後、渡辺具義氏に和声学/JAZZ等、寺田正彦氏に黒人音楽/編曲/DTM等を師事。ジャンルを問わずEG、AG、Gut、Ukeを演奏、指導している。 自己バンド活動の他、ライブ/レコーディングサポート、作/編曲活動の傍ら、音楽専門学校にて後進の指導も行っている。 2018年、自己ユニット「かりんとう」でMotion Blue Jakartaにて2daysワンマンライブを行いsold-outするなど活動の枠を広げている。


 
<詳細>              
    2019年12月8日(日)要予約           
場所:ドイツワインバー ゆううん 赤坂 
オープン:17:30〜22:00(L.O 21:00)

1st.ステージ:19:00〜
  2nd.ステージ:20:00〜

※ご来店のお時間は17時30分から18時15分の間で
お願いしております。

ミュージックチャージ:2,500円(アミューズ代込)
+Foods & Drinks order


[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバー ゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com






★松橋朋潤&田中李々シリーズ!Part.11
お馴染みピアニスト「
松橋朋潤」さんとヴァイオリニスト「田中李々」さんとのデュオを第11弾です!
二人の息の合ったパフォーマンス、、研ぎすまされた美しい音色、また超絶技巧の激しく熱い演奏をゆううんで再び!


19:00 Start 2ステージ、入れ替えなし
 
曲目詳細は分かり次第ご案内致します

(プロフィール)

【田中 李々 たなか りり】(ヴァイオリン)
3歳より、スズキメソッドにてヴァイオリンを始める。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学、東京藝術大学大学院修士課程修了。東京藝術大学内においてモーニングコンサートソリストに選抜され、藝大フィルハーモニアと協演。大学卒業時に同声会賞受賞。同声会新人演奏会に出演。 大学院卒業後渡独。ドイツ、ニュルンベルクにて元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターのダニエル・ゲーデ氏に師事。 毎日新聞社主催、第61回全日本学生音楽コンクール中学生の部東京大会入選。 第12回大阪国際コンクールアンサンブル部門第1位。ガラコンサートにおいて神戸市長賞受賞。第2回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第2位。 ジェラール・プーレ、コンスタンティ・クルカ、リゾナーレ室内楽セミナー等のマスタークラスを受講。現在、東京でのリサイタルの他、CMやアニメーションのレコーディング、オーケストラ、室内楽等の活動を行っている。

【松橋 朋潤 まつはし ともひろ】(ピアノ)
東京藝術大学附属音楽高等学校、同大学、藝大大学院修士課程修了。修了時、成績優秀者として「藝大クラヴィーア賞」授与。渡邊健二、加藤洋之各氏に師事。 TV朝日ドラマ<相棒>「殺しのピアノ」に出演。ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会コンチェルト部門初級優秀賞。A1級、C級、D級入選。Jr.G級ベスト8賞。 第1回ショ パン国際ピアノコンクールin ASIA優秀賞。 第5回日本演奏家コンクール第1位。松本市顕彰受賞。 第21回レ・スプレンデル音楽コンクール第2位。 第9回ローゼンストック国際ピアノコンクール審査員賞。 第14回日本クラシック音楽コンクール第4位。第1回ネオ・クラシック国際コンクール奨励賞。銀座国際音楽祭に出演。2011年蓼科音楽祭に出演。イタリアに於いて36thフィナーレ・リーグレ国際コンクール第3位。聖ジョバンニ・バチスタ大聖堂コンサートに出演。 第10,11,12回カワイ表参道ロシアンピアノスクール成績優秀者による選抜演奏会に出演。 2016年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、東京・春・音楽祭等に出演。2017年、指揮の橘直貴、松下京介、尾高忠明の各氏と共演。2018年、FAZIOLI JAPAN(株)より招聘され、イタリア本社において日本人初となるソロコンサートを開催。

 
<詳細>               
2019年12月14日(土)        
場所:ドイツワインバー ゆううん 赤坂 
オープン:17:30〜22:00(L.O 21:00)

1st.ステージ:19:00〜
  2nd.ステージ:20:00〜
※ご来店のお時間は17時30分から18時15分の間で承っております。
ミュージックチャージ:2,500円(アミューズ代込)
+Foods & Drinks order


[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバー ゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com






★Yuun Jazz Live 〜丹精ssion〜
“Tapping into Tokyo’s Music Scene” Featuring: TANSEI, J Katz & R. Belgrade

日曜日のゆううんアフタヌーンライブ!今回は東京鮮烈sess!onでおなじみタップダンサーの「丹精」を中心にゆううんでも数々のライブにご出演のピアニスト、「ジョナサン・カッツ」、ゆううん初出演でサックスのみならず北インドの太鼓”タブラ”を演奏する「ロビー・ベオグラード」とのトリオでお届けいたします! 日曜日の夕暮れ時ワインと素敵な音楽でお楽しみください。


15:00 Start 2ステージ、入れ替えなし



■TapDancer 丹精 (TANSEI)
20代前半、NYのBroadwayDanceCenterを中心に1年半、Lynn Schwab、Jared Grimesを始め数々の現役一流ダンサーに学ぶ他、現地でレストランやストリートなどで多数セッションに参加。 帰国後、Jazzをベースに多様なジャンルの音楽、アートとのセッションを国内外で展開。 現在、作曲にも注力しつつ、年間250以上の演奏を数々の一流ミュージシャンと共演している。 2014年より毎年、日本縦断ツアーを成功させる他、海外ツアーも増加。 2016年には三度目の香港ツアーを行い、2年連続となるSaiKungのJazzFes参加を含め好評博す。(以降も毎年香港ツアー有り。) 2017年1月 和太鼓×ドラム×Tapから成るトリオ、"ムラドプッタコイタ"を関西で始動。 2018 ツインギター、フラメンコパーカッションとの"東京鮮烈sess!on"を始動。 2019 3月 1stアルバムをリリース。 現在、月の半分をツアーに費やしている。 ユニークでスタイリッシュ、音楽としてのTapを目指す。 スポーツファン。好物はビール、揚げ茄子、ラーメン、カレー、バゲットにオリーブオイル。 大の犬派。 https://www.facebook.com/tantaplivemusic (HP)

【Jonathan Katz (シ゛ョナサン・カッツ)】 (Piano)
ニューヨーク出身。吹奏楽とビッグバンドの伝説的音楽教師である父に影響を受け、6歳でピアノ、9歳でホルンを始める。イェール大学とイーストマン音楽大学院で幅広く音楽を学び、上智大学留学後、東京を拠点に音楽活動を始める。故レイ・ブラウン、ケニー・バレル、ルー・タバキンなどジャズの巨匠との共演の他、クラッシックバイオリンの川畠成道、演歌の五木ひろし、ボサノウ゛ァの小野リサなど幅広いジャンルのアーティストと共演し、編曲の提供もおこなっている。 2008年に19人編成の「TOKYO BIG BAND(TBB)」を立ち上げる。2019年3月にリリースされた日本叙情歌のジャズアレンジ11曲が収録されたTBBの1stアルバム「SAKURA」が話題となる。 同じく2019年3月にTBBの姉妹バンドである台北ジャズオーケストラの10周年記念コンサートに招かれ、この日のためにビッグバンドアレンジした台湾民謡やTBBのレパートリーから童謡、オリジナル等数曲を披露した。 2019年4月には、サントリーホールで行われた「ディズニーワールドビート」ビッグバンドの初代ピアニストに抜擢される。 演奏活動以外に、国立音楽院非常勤講師と同音楽院のビッグバンドのディレクターを努めるかたわら、ゲスト講師として、日本とアメリカの学生および社会人ビッグバンドの指導もしている。 現在はTBBの活動の他、歌手のアンドレア・ホプキンズとのデュオ「HappyTalk」、ラテンジャズクインテット「Mambo Inn」、ワールドミュージックグループ「Candela」、日米混合ジャズカルテット「NYT C」などでも活動している。 スインギーかつ繊細で詩的な響きと、ユーモアとアイディアに溢れる演奏と作編曲スタイルが幅広い層のリスナーを魅了している。「子供の頃慣れ親しんた゛文部省唱歌をここまて゛モタ゛ンにスウィンク゛させるとはエクセレントた゛!これは誰もか゛郷愁を味わう昭和のレカ゛シーた゛!シャープス&フラッツリーダー原信夫(Tokyo Big Band CD「SAKURA」によせて)

 

■【Robbie Belgrade(ロビー・ベオグラード) 】(sax,tabla)
Robbie Belgrade is a multi-instrumentalist, composer, vocalist and music educator, born and raised in the San Francisco Bay Area. He grew up listening to North Indian classical music after legendary musician Ali Akbar Khan moved to his home town and founded the Ali Akbar College of Music. Initially a saxophonist, after finishing high school he enrolled at the Ali Akbar College, where he studied vocal music under Ali Akbar Khan and tabla under Zakir Hussain and Swapan Chaudhuri. Since that time, he has continued to perform and teach in a wide variety of musical contexts, including Jazz, Middle Eastern and North Indian classical music. He currently performs original music with the Contemporary World Music group TATOPANI. ロビー・ベオグラードは、マルチプレヤー・作曲家・歌手・音楽の教育者である。カリフォルニア州、サンフランシスコで生まれ育ち、伝説的な北インド音楽の巨匠アリアクバカーンは、彼の故郷で北インドの古典音楽大学を始めたので、子供の頃から北インドの音楽を聞き育った。最初にサックスを習い、高校を卒業してから、アリアクバ音楽大学で勉強を続けた。それからアリアクバカーンから声楽を学んでザキール・フセインやスワパン・チャウドゥリからタブラを学んだ。その時から、ジャズ,中近東や北インドの音楽、色んなジャネラで演奏と教えている。タトパニと言うコンテンポラリーワールドミユージックグループとオリジナル音楽を演奏をしています。

 
<詳細>              
    2019年12月15日(日)要予約           
場所:ドイツワインバー ゆううん 赤坂 
オープン:13:30〜19:00(L.O 18:00)

1st.ステージ:15:00〜
  2nd.ステージ:16:00〜

※ご来店のお時間は13時30分から14時15分の間で
お願いしております。

ミュージックチャージ:3,000円(アミューズ代込)
+Foods & Drinks order


[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバー ゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com






★Yu-un Gypsy Flamenco Jazz Night vol.2★
好評を博した前回のライブから半年!あの感動を再び♪

ゆううんでもおなじみのヴァイオリ二スト平松加奈が、彼女の最も得意とするジプシーフラメンコジャズを、ゆううんプロデューサーである伊藤寛康氏と関根彰良氏、世界の民族音楽のグルーヴを感じさせる海沼正利氏と共に縦横無尽に奏でます。香り立つスペインの風を、美味しいワインと共にお楽しみください〜

※19:00 Start 2ステージ、入れ替えなし


(プロフィール)

【平松 加奈】(ヴァイオリン)
ジプシージャズスタイルの演奏でフラメンコ音楽やラテンジャズを中心に、国内外で年間200回以上の公演をこなし、ファンを魅了するヴァイオリニスト&コンポーザー。 スペイン国立バレエ団の元プリンシパルダンサー、アントニオ アロンソの公演に2006年より参加し、2010年にはスペインフラメンコ界の巨匠、歌手のディエゴ カラスコ、ギタリストの故モライート チコと共演。2013年には大スター,フラメンコダンサーのアントニオ カナーレスと共演。この時には、自作曲を提供している。 2017年、スペインのコルドバで、メスキータそばの野外ステージで行われたベニートガルシア舞踊団のフラメンコ公演に参加し、大好評を得る。 2014年、NHKで放送された三谷幸喜脚本による人形劇『シャーロックホームズ』の劇伴音楽を全曲書き下ろし担当。「平松加奈con Armada」「平松加奈Special Project」における活動や2000年よりフラメンコギター伊藤芳輝氏率いるバンド「スパニッシュコネクション」のメンバーとしても活躍。ビクター、ポリスター等メジャーレーベルから通算9枚のアルバムを発表。2009年にはNHK人形劇「新・三銃士」の音楽も全編担当する 。

【関根 彰良】(ギター)
1978年千葉県生まれ。 幼少の頃よりクラシックピアノを始める。 12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。 東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。 クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。 2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。 2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla,Ramón Amador各氏に師事。 これまでに"FUZZ JAZZ”、"SOLITARY PHASE"、"WET & DRY"の3枚のアルバムをリリースしている。
Official Website URL:http://www.akirasekine.com


【伊藤 寛康】(ベース)
日本大学経済学部卒業後、プロ活動を始める。 91年ミュージカル「下町のショーガール」(主演/木の実ナナ)でバンドリーダーをつとめ、以後94年まで「木の実ナナバンド」のバンドリーダー、ベーシストとしてアレンジ及び演奏を担当する。94年から04年まで「オルケスタ・デ・ラ・ルス」に在籍し、北米、中南米、ヨーロッパツアーに参加、同年、国連平和賞受賞。95年、グラミー賞にノミネートされる。同年「サンタナ」と共演。96、97年にはブエナビスタ・ソシアルクラブのトップボーカリスト「オマーラ・ポルトゥオンド」のジャパンツアーのメンバーとして日本各地でコンサートを行う。現在は、ピアニストの斎藤タカヤとのデュオユニット「Project Duo」「Mambo Inn」「平松加奈(Violin)Special Project」「大渕博光(Vo)」などのレギュラーベーシストとして活動している。またセッションプレーヤーとして、ジャズ、サルサ、ポップスなどノンジャンルに活動している。作曲家・アレンジャーとしてもオルケスタ・デ・ラ・ルス、木の実ナナ、COBA、はじめ多くのアーティストに楽曲を提供している。その他イベントやCDプロデュース、ラジオ番組のパーソナリティなど多岐に渡って活動中。
Official Website URL:http://itohiroyasu.com/


【海沼 正利】(パーカッション)
フリーのセッションミュージシャンとしてノンジャンルで活躍するマルチパーカッショニスト。 リーダーグループ「Tumba Creole(トゥンバ クレオール)」をはじめ、アラブ琴カヌーン奏者3人による「Qanun.3(カヌーン・スリー)」のリーダーを務めるなど多種多様なグループを主催し、その時々で様々な編成をとるノンジャンルの企画ライブ「Project Cai」も長く続ける。そのほかに、世界の民謡を奏でる「ORINOVIVO(オリノヴィーヴォ)」の音楽監督を務めるなど、多数のグループにも在籍している。 これまで伊藤多喜雄・サーカス・ダ カーポ・岡庭矢宵などのサポートや、渡辺香津美・山本由也(人形師)・アントニオ アロンソ・アントニオ カナーレス など国内外の多数のアーティストとも共演。また「Masa」名義でのソロ活動や舞台作品も発表し、作.編曲、舞台音楽.演出も手掛けている。
2004年より国際音楽療法専門学院にて打楽器講座を受け持つ。 1998年、トゥンバ クレオール1stアルバム「Tumba Creole of JAPAN」リリース。2005年、ソロアルバム「o Primeiro passo」リリース。 2015年、Qanun.3の1stアルバム「 Nassam alayna el hawa」リリース。2017年、Qanun.3の2ndアルバム「Ya Rayah」リリース。2018年、全編アレンジプロデュースしたクリスマスアルバムMarico(vo)「Winter Song」がAmzonレコードより発売。
Official Website URL:http://www.office-batucada.net

 

<詳細>              
2019年12月21日(日)
要予約       
場所:ドイツワインバー ゆううん 赤坂 
オープン:17:30〜22:00(L.O 21:00)

1st.ステージ:19:00〜
 
2nd.ステージ:20:00〜

※ご来店のお時間は17時30分から18時15分の間で承っております。


ミュージックチャージ:3,500円(アミューズ代込)
+Foods & Drinks order


[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバー ゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com



当店が自信を持ってお勧めする、

上質なドイツワインを、じっくりとお楽しみください。

ビュッフェスタイルで軽いお食事付きです。

ワインは特別価格にてお買い求め頂けますし、もちろん

ご自宅までのご発送も承っております。

お誘いあわせの上、是非ご予約ご来店ください。

ご来店、お帰りの時間は自由です。


 
■2019年12月26日(木)、27 日(金) 
開始:19時  終了:22時(出入り自由)
■料金:2,500円(ワイン10,000円以上のご購入で代 金から1,000円お値引き)
フリーテイスティング制。 新入荷、蔵出し直輸入の秀逸なワイン25種類。
超!お買い得でお求め頂けます。 どれも飲みごたえ抜群 ご自宅までのご発送も可能です。

※「ご確認下さい」
・ご予約は必ずお電話もしくはメールでお願いいたします。
・未成年者は法律で禁止されているためご入店をお断りいたします。
・恐れ入りますが、ワインの吐器のご用意はございません。
・悪酔い、泥酔される方は他のお客様のご迷惑にもなりますので、ご入店をお断りいたします。
・飲み放題パーティではありません。飲食目的の方はお断りいたします。
・当日、店内温度を低く設定しております。予めご了承ください。


[お問合せ]ドイツワインバー ゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com






★ニューイヤー・アコースティック・キューバ・ナイト at ドイツワインバーゆううん赤坂★
<ムーチョ(mUcho) &マコト(Makoto) >

ドイツワインバーゆううん赤坂が新年自信を持ってお届けする極上のワインとライブ音楽の夕べ。

カリブ海の音楽大国キューバの国際音楽祭へ呼ばれ今春で20年、日本初ワンドオンリーの活動経歴を重ねてきたデュオの奏でる音楽はライブで聴くのが一番おススメです。


※19:00 Start 2ステージ、入れ替えなし


(プロフィール)

【ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones】
ムーチョ(mUcho) ギター&ボーカル、マコト(Makoto) ボーカル&パーカッション


2001年冬結成。 キューバ音楽を演奏する日本人アコースティック・デュオ。 ユニット名はスペイン語で「ふたつのハートから鳴る心地よい音」の意。 その本格的な活動は在日キューバ共和国大使館からも後援を得て、 2001年から現地のトローバ国際音楽祭へ出演。 (ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのエリアデス・オチョア氏の招聘。) 現地各メディアでも採り上げられ、キューバ国民からも熱い支持を得る。 2015年には外国人演奏家として快挙になる15年連続参加の特別功労賞受賞。 2019年3月まで19年連続の招聘を受け、公演はいずれも大成功終了。 2020年3月も招聘予定。 国際音楽祭を楽しめるツアーはここ数年満員御礼、キャンセル待ち。 国内でも2005年小野リサCD「Romance Latino vol.3」参加、2006年小野リサ・ゴールドディスク受賞記念演奏(NHKホール)ほかメジャー、インディーズに関わらずサポートの傍ら沖縄から北海道まで全国を旅し精力的に演奏活動中。



 

<詳細>              
2020年1月12日(日)
要予約       
場所:ドイツワインバー ゆううん 赤坂 
オープン:17:30〜22:00(L.O 21:00)

1st.ステージ:19:00〜
 
2nd.ステージ:20:00〜

※ご来店のお時間は17時30分から18時15分の間で承っております。


ミュージックチャージ:2,500円(アミューズ代込)
+Foods & Drinks order


[お問合せ・お申込み]
ドイツワインバー ゆううん赤坂
TEL:03-6426-5978 FAX:03-6426-5974
e-mail:akasaka@yu-un.com

酒類の未成年者への販売は行っておりません。未成年者の飲酒は法律で固く禁じられております。

お問合せ当サイトについてプライバシーポリシーサイトマップSpielen Wolke について特定商取引法に基づく表示
Spielen Wolke. ALL RIGHTS RESERVED